お問い合わせ

お問い合わせ

0120-980-635

東洋テック株式会社様

ニーズ高まる警備業界
目指すのは、優秀な人材の獲得

東洋テック株式会社
管理本部 人事部 次長 兼 庶務課長
海野 聡

昨年で設立50年を迎えた東洋テック株式会社様。
2019年にはラグビーワールドカップ、2020年には東京オリンピック、2021年には関西でワールドマスターズゲームズ、2025年には大阪万博の開催も決定され、多くのインバウンドが見込まれる中、警備業界には益々高いレベルのサービスが求められるようになってくる。今後人員がさらに必要になってくるこの警備業界は採用競争もますます激化していくことが考えられる。そんな中インタビューメーカーを使ってどのような採用活動に変革していくのか、
管理本部 人事部の海野 聡さんにお伺いいたしました。

安心で快適な社会の実現のため優秀な人材の獲得を

採用活動におけるミッションは何でしょうか

警備関係のお仕事に携わっていただく方々を中心に募集を行っております。2025年には大阪万博の開催も決定しましたので、今後ますます警備業界におけるニーズ、需要が高まっていくと考えています。その中で、いかに優秀な方々を人材を確保できるかというところに注力を注いでいる状況です。

採用活動において抱えていた課題はなんでしょうか?

当社の場合、特に中途採用に応募いただく方々は、お仕事をされていながら転職活動をされている方々も多くいらっしゃいます。そのため面接の調整が難しい、遠隔地からの応募者に対して当社まで足を運んでいただくといった点で多く負担をかけてしまうという問題点がありました。

インタビューメーカー導入の目的をお教えください。

インタビューメーカーを通して日程調整が困難である部分や遠隔地の方との接点構築をいかに解消できるかという点が当社の課題なので、インタビューメーカーではリアルタイムに面接のご案内をさせていただくことができるのが良いと思っております。また遠隔地であっても、ご自宅から面接を受けていただくことができる、そういった部分に非常に魅力を感じたことが、導入のきっかけです。

応募者の負担を減らし、面接機会の増加を目指す

インタビューメーカーのご利用方法を教えてください。

一番の目的は、自宅からでも面接可能というところで、WEB面接を中心に使用できたらと思っております。 また動画選考を活用し、24時間いつでもどこからでも選考を行うことができる、そういったような機能も今後使用をしていきたいなと考えております。

ずばり、インタビューメーカーに期待している効果は何でしょうか。

今まで応募者にかけていた負担を減らすことで、面接の機会を増やすことができることです。それによって応募者の増加にもつながるのではないかと思っております。

今回、新しい仕組みを導入することになったかと思います。そのことに関してどのようにお考えでしょうか。

われわれの会社の今期のスローガンにもなるんですが、変革と挑戦というものを掲げさせていただいております。 その中でいろんなことにチャレンジしていくという部分では、率先してわれわれがやっていきたいなという部分で、今回新しい取り組みにチャレンジさせていただきました。 今後いろいろな採用のスタンスであったり、面接のやり方というのは、変わっていくと思っております。その中でインタビューメーカーのような動画選考のサービスを導入する企業というのは、スタンダードになっていくと考えておりますので、その中でわれわれが早期に導入することができたということは、非常によかったです。

貴重なお話どうもありがとうございました。

インタビュームービー