お問い合わせ

050-1746-7539

お問い合わせ

050-1746-7539

中西金属工業株式会社様

書類では見えない「可能性」を見出す

中西金属工業株式会社
人事総務部 人事グループ
小野 智也

「NKCは、社員が社員である事に誇りを持ち続け、常に変革する企業を目指す」というビジョンのもと、およそ100年にわたって事業を展開されている中西金属工業株式会社様。技術力を強みに、ものづくりで社会に新しい「可能性」を生み出し続けています。そのために、多様性に富んだ人材を求めるも、”本当にフィットした人材を採用できているのか”、という課題があったそうです。書類だけでは分からない応募者の「可能性」を発見すべく、挑戦を続ける人事総務部 人事グループ 小野 智也様にお話を伺いました。

多くの応募者を、人柄を見て判断したい

新卒で抱えていた採用課題を教えてください。

採用課題といたしましては、我々のマンパワーが原因で、たくさんの学生さんがご応募いただいているにもかかわらず、かなりの割合の学生さんを書類等の非対面の選考方法で、合否判断せざるを得ない状況にあるというところが1つ大きな課題としてございました。

中途採用ではどのような課題があったのでしょうか。

中途採用で、一つネックとなっているのが、応募者の負担の大きさです。転職を希望される方は基本的には現職を持たれており、お忙しい中で時間を取って、中にはお休みを取って面接にきていただいていました。そこの応募者の負担をいかに減らすことができるかが課題のひとつとなっていました。また応募者の方はこれまでの経験から、ある程度カラーが出来ていて、そのカラーが今回のポストの合うのか、当社に合うのかで、合否に大きく影響するケースが多く、課題を感じていました。そこにインタビューメーカーを使い、お会いする前に、ある程度お人柄を把握し、お越しいただくことで、応募者にとっても我々にとっても、非常に負担の少ない選考ができるのではないかと期待しております。

1000社の実績、ノウハウの詰まった導入後サポート

インタビューメーカーご検討の背景を教えてください。

これまで直接お会いする学生の数を増やすために、面接官の数を増やす、より深く学生を理解するために、面接をする時間を増やすなど、様々な選考方法を実施してきました。直接そのお人柄を見て学生さんを判断するということができるように工夫はしていたのですが、やはり限界もありますので、そういった中で、学生さんにとっても、我々にとっても、少ない時間でたくさんの学生さんのお人柄を見たうえで判断させていただけるようなツールがないかと、検討をしておりました。

インタビューメーカーを選んだ決め手は何だったのでしょうか。

これまでの実績と導入企業様の数ですね。1000社以上の導入企業様と一緒に積み上げてこられたノウハウを伺っていて、我々も導入させていただいた後に、有効的に活用させていただけるというイメージが沸いたというのが一番大きなポイントでした。また導入後にも、定期的にコミュニケーションを取らせていただいて、我々の思うような選考ができているかを一緒に伴走しながら改善していただけるようなサポートの仕組みがあったことも決め手のひとつでしたね。

書類だけでは分からない多様性のある人材を発掘

採用におけるインタビューメーカーの役割を教えてください。

当社では、これまで以上に既存・新規事業の中で、どんどん新しい挑戦を増やしていきたいということを考えています。そういった中で重要になってくるのが、従業員から色々な意見が出る、多様性のある職場にしていくことだと考えています。そこで、採用が非常に大きな意味を持つことになります。これまで社内にはなかなかいなかったような人材・キャラクターをどんどん発掘していくという中で、応募者のお人柄を見ずに、合否の判断をしてしまうということが、大きな機会損失につながっているのではと感じておりました。そこで、インタビューメーカーを活用させていただいて、少しでも双方の負担を少なく、お人柄の部分も含めて確認できるのは非常に良い手法だと感じています。

今後、インタビューメーカーに期待したいことを教えてください。

選考の中で直接会って、少なくともお人柄をある程度確認したうえで、合否判断をさせていただきたいと考え、ESやWEBテストだけでなく、今回、録画面接やWEB面接を導入をさせていただいているのですが、どうしてもやはり、人事の勘といいますか、そういったところで判断する部分も一定数残っているという状況で、その点で何か、我々が感覚で判断していたものの裏付けになるようなものを仕組み・機能として、拡充していただけると、我々としてもできることが増え、より良い採用ができるのではないかと考えています。

インタビュームービー