お問い合わせ

050-1746-7539

お問い合わせ

050-1746-7539

株式会社オーイズミフーズ様

面接設置率約10%UP!地方採用をさらに加速!

株式会社オーイズミフーズ
管理本部 人事部 部長補佐
二宮 伸夫 様

「関わる全ての人にHappyを」という企業理念を掲げ、国内にとどまらず海外にも進出し、居酒屋「わん」など、飲食業界で躍進を続けているオーイズミフーズ様。店舗では「地域密着化」をキーワードに地域に根ざした運営を目指しています。その為に、300を超える店舗一人ひとりがお客様のことを自ら考え、自ら行動できる様に、各店舗へ大きな裁量権を持たせ、チェーン店の枠を超えた店づくりをされています。それを実現するために重要な店舗の人財の採用で、課題を抱えておられました。採用に関わる全ての人のHappyのために、インタビューメーカーをご活用いただいている株式会社オーイズミフーズで地方採用を担当されている二宮 伸夫 様にお話を伺いました。

インタビューメーカーだからできること

導入いただいたきっかけを教えてください。

応募いただいてから面接設置まで、まずはそこを改善していくことが課題でした。面接設置率の低下というのが顕著に昨年度現れていて、昨年度が全体の15%くらいの面接設定しかなかったんですね。また以前、Web会議ツールで面接をしていたのですが、インタビューメーカーでは、「求職者さん主体で面接設定ができる点」も魅力を感じています。やはり応募から面接設置で双方でのやり取りを1工程でも減らし、求職者さんの負荷を減らすことが、面接設置につながると考え、導入に至りました。

インタビューメーカーに変更して、どんな変化がありましたか?

そうですね。Web会議ツールの場合、面接のために近くの店舗に来てもらったんですよ。すると、どうしても社員が出勤して、お店がオープンするまでの数時間の枠でないと面接ができませんでした。お客さまのご予約が多い場合や店舗の会議など、各店舗の都合もあって、面接の枠・時間がかなり限定されていました。しかし、インタビューメーカーであれば、ネットに繋がっていて、求職者様のPC、タブレット、スマホがあればいつでもどこでも面接出来てしまうので、お互いストレスは少ないのかなと思いますね。面接設置率も10%近く向上しました。

Web面接で採用のスピードを上げる

1都3県外の採用ではインタビューメーカーをどう活用されていますか?

弊社の場合ですと、北は北海道から九州は佐賀の方まで店舗があります。あとは北陸や山陰など日本海側の方にも店舗を多数出店させていただいております。これまでは、1人の面接で、各地まで飛行機に乗ってお伺いすることもありました。頻繁には地方に伺えないので、次回の面接日が先延ばしになり、求職者様がそこまで待っていただけなかったり、また、面接の設置をしても、お越しいただけないこともありました。そこを考えると、インタビューメーカーを使って、例えば一次面接だけはWebで行い、二次面接は対面で、なんてことも全然アリだと思います。

以前は頻繁に出張されていたんですね。

そうですね。一週間のうちの平日は、例えば大阪で一泊したら、1回家に帰って、キャリーケースの中身入れ替えて、仙台とか東北に行くとか北海道に行くなんてことも普通でしたし、本当にキャリーケースを引きずって、色々な所に行っていました。そこでやはり、移動の時間・コストという部分を考えると、Web面接の方が効率はいいですね。もう極端な話、今日の夜に求職者の方から面接の予約を頂いて、次の日の午前中に面接してるなんてことも全然可能なので。それが九州であっても北海道であっても、海外の方であっても。今は月に1回は大阪に行く都合があり、行っているのですが、それ以外は基本的にどこかに出向くということはしてないです。やっぱりスピード感が今の時代、必要になっているように思います。今、私の業務の中ではこのWebで面接するというのは、スタンダードというか、普通のツールになっています。時代がやっぱりそうなっているのかなと感じますね。

求職者に「選んでいただく」時代へ

インタビューメーカーを使って想定外のメリットとかありました?

実際お会いしなくても、その方の「面接に臨む姿勢」が画面上でも見えてくるんですね。面接時の服装もですが、部屋はきちんと整頓されているのか、余計なものが映らないように配慮をした状態なのか、とかですね。そういう部分が見れるのは、逆にWeb面接の強みかなと思います。選考の基準ではないですが。(笑)

今後の採用で、大事なことって何でしょう?

やはり企業よりも求職者様側に選んでいただく時代にもなってますので、極力相手の都合に合わせて、求職者様主体で面接設定ができるというシステムがおそらく今後の採用の流れでは大事になってくるかと思います。特に、若い方を求めている会社さんであれば、もう当たり前になってくるのではないかと思ってます。ちなみに、このインタビューの間に、面接予約が1件入ってました(笑)

え!嬉しい報告です(笑) 本日はありがとうございました!

インタビュームービー