お問い合わせ

050-1746-7539

お問い合わせ

050-1746-7539

株式会社チェングロウス様

Web面談希望7割!
大事なのは面談までのスピード。

株式会社チェングロウス
採用推進部 知野根 好岳 様
採用推進部 篠崎 恵子 様

自動車関連に特化した最適な人材供給、人材育成支援、人事コンサルティング等、様々な人材サービスを通じて、「人と組織の成長連鎖を生み出す」という想いにこだわり、車社会に貢献することを経営理念に掲げる株式会社チェングロウス様。人材紹介事業で応募者と面談を行うなかで、日程調整や移動で双方に負担がかかり、面談率の低下を招いていました。人材獲得競争が激化する中、インタビューメーカーをどう活用されているのか、採用推進部の知野根様、篠崎様にお話を伺いました!

重要なのは「面談までのスピード」

人材の採用で、意識していることはありますか。

面談にたどり着くまでのスピードは本当に大事だと考えています。応募者の方は、弊社だけでなく、様々な会社に応募していて、応募者は基本的に、最初に繋がった企業から紹介を受けることが多いです。その中でも一番初めにつながったおかげで、弊社で決まることが多いので、やっぱりそこのスピード感はすごく大事だと感じています。

なるほど!今回、どういった経緯でインタビューメーカーを導入されたのでしょうか。

面談率が下がっていることに課題を感じていました。現在、大阪と東京に2つ拠点があるのですが、そこから離れた遠隔地の面談に行ったものの、お会いするまでに時間がかかったり、実際お会いできなかったということもありました。そこで、スピード感を持って応募者と接触する、そして会うハードルを下げるための第一クッションという所で、導入を決めました。

7割がWeb面談を希望!変化する応募者のニーズ

インタビューメーカーを利用して変わったことはありますか?

面談設置までの早さというところが一番ですね。これまで必要だったメールや電話でのスケジュール調整が必要なく、お互いのスケジュールが開いていればすぐ面接ができます。また、お互いの移動時間やコストなどを気にせず、どこでも面談や面接ができるので、そこもすごく便利ですね。

面談は、Webと対面ではどちらが多いですか。

割合は今Webの方が多いですね。比率でいうと7対3ぐらいで、ほとんどの方がWeb面談です。逆に、対面の登録面談に来る応募者の方が減ったので、登録面談の時は、久々の対面面談のような感覚になるときがあります。このWeb面接に慣れてしまって。(笑)

Web面談で負担軽減、効率化

Webと対面の面談での違いはありましたか。

応募者によって面談する場所が様々なのは違いのひとつだと思います。例えば、ご自宅で受けられるときに、部屋の様子が見えます。もちろんそこで判断しているわけではないのですが、そういった配慮がなされているかどうかで、応募者の性格が多少は見えてくるのかなと感じます。ここは対面の面談では見えない部分かなと思います。

Web面談を導入して感じたメリットはありますか。

面談をこれまでより効率よく実施できるようになりました。面談の際、本来であれば応募者に来ていただく、もしくはこちらが応募者のところへ向かうといった時間も必要になります。しかしWeb面接ですと、面談の1時間をあけていればいいので、連続で1時、2時と連続で入れることもできるので、今までは1日1、2件しかこなすことができなかった中で、Web面接があることによって、1日3件4件と、これまで以上に面談を実施することができるので、効率が良くなったと感じています。

貴重なお話ありがとうございました!

インタビュームービー