難易度の高さに困惑!TG-WEBの対策方法は?どんな問題がどんな企業で出るの?

難易度の高さに困惑!TG-WEBの対策方法は?どんな問題がどんな企業で出るの?

Column

 

問題が難しいと、対策も難しく感じがちに

就活では、さまざまな種類の試験が行われますが、中でも難しいことで知られているのが「TG-WEB」と呼ばれる試験です。

難しいと聞くと、試験を受けることが不安に感じられ、どのような対策を打てば良いのかと、思わず困ってしまうのではないでしょうか。

そこで、TG-WEBとはどのような試験なのか、そして、どのような対策を打つことが効果的なのか、ということについて調べていくことにしましょう。

TG-WEBとは、どんな試験?

TG-WEBとは、人材関連サービスを展開する「ヒューマネージ」が提供する適性検査のことで、Web上で検査を受けられます。

TG-WEBは、大きく分けると「能力テスト」と「性格テスト」に分けられますが、そのうち、能力テストは、言語、計数、英語のテストが行われます。

TG-WEBで注目すべき点は、難しいことで知られている点です。

中学や高校など、学校の試験では、暗記が通用することが多いですものの、TG-WEBの場合は、学校では出題されないような内容が多く、しかも、暗記が通用しにくい内容となっています。

そのため、学校で数々の試験を行ってきた人たちにとっては、難しいと感じられるのです。

 

問題に慣れることが、一番の対策に

それでは、TG-WEBを受ける際には、どのような対策をとれば良いのでしょうか。

基本は、実際にTG-WEBの問題を解いて、問題に慣れることです。

TG-WEBの問題集としては、TG-WEB対策用として出版されている「8割が落とされる『Webテスト』完全突破法 2(2019年度版)」の利用がおすすめです。

この本では、実際にTG-WEBで出題された問題が掲載されており、しかも、問題の解説まで行っています。

また、「言語」、「計数」の問題では、以前から出題されていたタイプの「従来型」のみならず、新しいタイプの出題形式である「新型」もありますが、この本では、いずれの種類の問題にも対応しているので、試験対策は万全です。

さらに、能力テストのみならず、性格テストにも対応した内容となっています。

全体的に応用力が求められるTG-WEBですが、試験の傾向をつかんでおくことで、落ち着いて試験に臨みやすくなることでしょう。

 

TG-WEBは、どんな企業が利用している?

それでは、難しい内容であるとされる「TG-WEB」は、どのような企業が利用しているのでしょうか。

利用している主な企業としては、資生堂やライオン、TOTOなど、各分野における大手メーカーが利用しています。

そのほかにも、日本テレビやテレビ朝日など、マスコミも利用する傾向が見られます。

大手企業を中心として利用されているTG-WEBですが、言語と計数の問題を用いながら、判断力や推理力を判定できるとあり、今後は、TG-WEBを利用する企業が増えるものと考えられます。

難しい試験問題こそ、早めに対策に取りかかり、試験の本番では余裕を持って望めるようにしたいですね。

(画像はぱくたそより)

採用活動でお困りのご担当者様は、
こちらから気軽にお問い合わせください。