【男女別・夏の面接の服装】夏でもスーツを着るべき?ジャケットは必須?

【男女別・夏の面接の服装】夏でもスーツを着るべき?ジャケットは必須?

Column

 

暑苦しさは避けたいけれど、夏にジャケットは必須?

就活が解禁されたばかりの春であれば、面接の服装は、ジャケット着用で問題ありませんが、就活が本格化する夏場は、できることなら暑苦しさを感じるジャケットは避けたいと感じている人も多いことでしょう。

暑い夏は、どのような服装で面接に臨めば良いのでしょうか。

夏の面接の服装について、気をつけたい点についてみていくことにしましょう。

男性・女性ともに気をつけたいことは?

最近では、多くの企業で夏の軽装である「クールビズ」を導入していますが、就活生が夏に面接に臨む場合は、原則としてジャケットを着用しましょう。

その理由は、クールビズを推奨している企業であっても、社内以外の方と会う場合には、失礼に当たらないように、ジャケットを着用するケースが多いからです。

就活生の場合、企業の面接官とは初めて会うことを考えると、ジャケットを着用して面接に臨むことが基本となります。

 

「クールビズ」という指定があった場合は?

面接において、服装を「クールビズ」と指定された場合、ジャケットを着用せず、Yシャツのままで面接に臨んでも良いのでしょうか。

クールビズ指定であっても、ジャケットを着用して面接に臨んだ方が無難です。

その理由は、クールビズと指定されていても、面接官がジャケットを着用して面接を行うケースがあるためです。

面接官がジャケットを着用しているのに、就活生がクールビズで面接に臨んだとすれば、面接官は就活生に対し、「社会人としてのマナーが理解できていない」と評価してしまうことも考えられます。

そのため、面接にはジャケットを持参し、面接の前にジャケットを着用しましょう。

また、ジャケットの下に着用するYシャツは、半袖のYシャツではなく、長袖のYシャツが最適です。

企業の面接において、ジャケットなしで面接に臨んでも良い場合は、半袖のYシャツを着用して腕を出しているよりも、長袖のYシャツを着用している方が、面接官の印象が良くなりやすいためです。

 

男性の服装で気をつける点は?

夏の面接で男性が気をつけておきたいことは、必ずネクタイを着用することです。

ジャケットを着用する時は、当然ながらネクタイが必要となりますが、長袖のYシャツで面接に臨む場合もネクタイが必要です。

クールビズでは、ノーネクタイが推奨されることがありますが、ノーネクタイで面接に臨むと、締まりがない服装に感じられます。

逆に、Yシャツであってもネクタイを締めることで、引き締まった印象となります。

また、Yシャツは、カラーのYシャツを避け、白系のYシャツを着用しましょう。

夏は、白系のYシャツを着用することで、清潔感とすっきりした印象を与えやすくなります。

 

女性の服装で気をつける点は?

夏の面接で女性が気をつけておきたいことは、インナーに気を配ることです。

Yシャツの下に着用するインナーは、ブラウスまたはシャツとして、色合いは白系かベージュ系とすると良いでしょう。

そして、インナーの下には、キャミソールも忘れずに着用しておきましょう。

インナーにも気を配ることで、面接官に対して清楚な印象を与えることができます。

もし、派手な雰囲気のインナーを着用してしまうと、面接官は、面接者から落ち着きがないという印象を受けてしまい、評価を下げてしまうことが考えられます。

目立つところだけではなく、目立たないところにも、しっかりと気を配っておきたいですね。

暑い夏は、気持ちが緩みがちですが、そんな時こそ、気持ちを引き締め、服装にも気を配りながら、面接に臨むことを心がけていきましょう。

(画像はぱくたそより)

採用活動でお困りのご担当者様は、
こちらから気軽にお問い合わせください。