予定が多くて把握できない!就活スケジュールを適切に管理するには?

予定が多くて把握できない!就活スケジュールを適切に管理するには?

Column

 

多忙な就活こそ、スケジュール管理が重要

就職活動が解禁になると、就活生は、希望する企業からの内定獲得に向けて、本格的に就活をスタートさせますが、就活中はエントリーシートの提出や、面接などで、多忙な日々を送ることになります。

多忙なスケジュールを円滑にこなすためには、スケジュールの管理が欠かせません。

スケジュール管理をうまく行うには、どのような方法が最適なのでしょうか。

就活に関する予定をすべて把握する

基本的なことですが、スケジュール管理においては、就活に関する予定をすべて把握しておきましょう。

把握しておくべきことは、会社説明会の日、エントリーシートの締め切り日、面接日などです。

就活で多くの企業にエントリーするほど、就活のスケジュールを把握しておかないと、就活に支障を来してしまうことになります。

例えば、同じ日に2社の面接の予定を入れてしまい、一方の会社の面接に行けない状態となることや、会社説明会の予定を多く入れすぎて、エントリーシートを作成する時間が足りない状態になってしまうことなどがあります。

就活の予定が決まったら、手帳に記入したり、スケジュール管理用のアプリなどに入力したりして、どの日にどの予定が入っているのか、ということを一目で分かるようにしておきましょう。

 

スケジュールは、ある程度余裕を持って作成する

また、スケジュールはある程度余裕を持って作成することも大切です。

例えば、第一志望であるA社のエントリーシートの提出締め切りが3日後に迫っているのに、これまでに多くの企業にエントリーしてしまったために、これからの3日間は、毎日のように面接の予定が入っているとしましょう。

できれば、第一志望であるA社のエントリーシートの作成に時間をかけたいところですが、他社の面接を優先させなければならないために、エントリーシートの作成に時間をかけられないことも考えられます。

内容の薄いエントリーシートができあがってしまうと、A社から内定をもらうことが困難な状況にもなりかねません。

事前に余裕を持ったスケジュールを組み、余裕を持って就活を進めることで、良い結果が得られやすくなります。

また、可能であれば、どの企業を優先させるのか、ということも考えた上でスケジュールの作成を行いましょう。

 

スケジュール管理のアイテムは、使いやすいものを

スケジュール管理のアイテムとしては、手帳のほかにも、スケジュール管理ができるアプリの利用があります。

スケジュール管理ができるアプリの中には、全体的にシンプルな構成のものや、ニュースや天気予報などと連動しているものなどがあり、うまく活用することで、就活をより円滑に進めやすくなります。

もちろん、スケジュール管理では、手帳を活用しても差し支えありません。

大切なことは、いかに就活のスケジュールを管理するか、ということです。

スケジュールを管理する場合には、使い慣れたものを利用すると良いでしょう。

社会人になったら、綿密なスケジュール管理と、スケジュール通りの行動が求められます。

就活中はスケジュールを管理する練習と考え、確実なスケジュール管理で、確実に内定を獲得していきましょう。

(画像は写真ACより)

採用活動でお困りのご担当者様は、
こちらから気軽にお問い合わせください。