面接で後悔したくない!面接練習は必要?それとも不要?

面接で後悔したくない!面接練習は必要?それとも不要?

Column

 

面接の本番で余裕を持つなら、やっぱり練習は必要?

「本番の面接では、緊張してしまって、言いたいことがなかなか言えずに困った」と、後悔してしまった経験はないでしょうか。

面接のときには、心に余裕を持った状態で面接に臨みたいところですが、そのためには、面接の練習が効果的と言えそうです。

しかし、面接の練習は本当に必要なのでしょうか。

面接の練習は必要なのか、それとも必要ではないのか、ということについて、調べていくことにしましょう。

可能なら、面接練習はしておきたい

結論から述べると、可能であれば、面接練習は行っておいた方が良いでしょう。

その理由は、面接練習を行うことで、余裕を持った状態で面接に臨むことができるからです。

仮に、面接練習を行わないまま、面接の本番の日を迎えたとしましょう。

中には、動じることなく、本番の面接でも余裕を持って発言できる人もいるかもしれませんが、多くの就活生は、緊張してしまって、自分の思い通りの発言ができなかった、と後悔するかもしれません。

しかも、面接練習をしていなかったために、内定をもらえなかったら、後悔してもしきれないですよね。

そのような状態にならないためにも、面接の練習は必要と言えるでしょう。

 

面接練習はどのように行えば良い?

それでは、面接の練習はどのようにして行えば良いのでしょうか。

本番を想定した面接練習を行うなら、大学のキャリアセンターで模擬面接を行う方法があります。

ただし、大学のキャリアセンターで模擬面接を行うには、事前の申し込みが必要となることがほとんどであり、学生生活や就活で忙しい状況だと、なかなか模擬面接を受けられないことも考えられます。

そこで、簡単に面接練習を行う方法としては、一人で面接の練習を行う方法があります。

一人で面接練習をするには、面接官役と面接者役の両方を行います。

質問の例としては、「自己紹介」や「志望動機」、「自分自身のPRポイント」など、面接で問われやすい質問が良いでしょう。

また、質問に答える練習をするときは、面接の本番と同様に、大きな声で、ハキハキとした口調で質問に答えましょう。

ここで気をつけたいのは、面接者として発言するだけでなく、面接官役としても、きちんと声に出して質問を問いかけることです。

面接官役として声を出すことで、面接官が質問したあと、面接者としてその質問に答えるときに、適切な間合いを取る練習ができます。

 

質問に対する答えは、丸暗記せず要点をまとめる形で

また、面接官の質問に答える練習をする場合は、質問の答えを丸暗記するのではなく、答えたい内容の要点をまとめることを目標にしましょう。

もし、面接の本番で、丸暗記した通りの内容で答えてしまうと、何かの原稿を読んでいるような答え方になってしまい、不自然な話し方になってしまいがちです。

面接官が求めているのは、質問に対する率直な反応であり、マニュアルに沿ったかのような無機的な反応ではありません。

面接官も人の子ですから、面接者の発言には、人間らしさが感じられる答えがほしいものなのです。

そのため、答える内容を丸暗記するのではなく、要点を押さえたうえで、自分の率直な想いを伝える、という姿勢が大切ではないでしょうか。

(画像は写真ACより)

採用活動でお困りのご担当者様は、
こちらから気軽にお問い合わせください。